鞍掛峠→鈴北岳・鈴ヶ岳→御池岳→ボタンブチ→冷川岳→コグルミ谷   2002.5.25   [1] 2 3

 

国道306号線の鞍掛トンネル東口から、鈴鹿山系の最高峰、御池岳に登りました。

山は緑のじゅうたん。北アルプスの雲ノ平が「這い松」のトンネルなら、鈴鹿の奥の平は「笹」のトンネルです。

 

 

鞍掛トンネル東口(三重県側)

7時45分頃、国道306号線の鞍掛トンネル東口に着。

すでに10台くらいの車が停まっていた。

登山口は、この駐車場のトンネルから遠い側(上の写真の右側)。なお、上の写真の場所よりも三重県側に、もう1カ所、20台くらいの駐車スペースがあった。

鞍掛峠への道

鞍掛峠への道、峠から鈴北岳への道は、歩きやすい道だった。登山口から峠まで約20分。峠から稜線(1056mのピーク)まで約35分。さらにあと20分で鈴北岳に着く。

(つまり、登山口〜鈴北岳はあ1時間15分くらい。)

 

 

 

 

鈴北岳

稜線の標高1056mのピークまで登ると、鈴北岳のなだらかな山頂が見えてくる。

伊吹山遠望

登ってきた方を振り返ると、霊仙山と伊吹山が見えてくる。

(上の写真は伊吹山だけ。霊仙山はもう少し左。)

 

 

鈴北岳での360°パノラマ

鈴北岳は本当に景色がいい。高い樹木がないので、さえぎるものがない。ただ、難点は、日陰がないので休憩するには暑いデス。

 

このページの先頭へ

前のページへ(音羽山)

次のページへ

最初のページへ

 

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー