河→ウグイ川林道→サクラグチ→鮎河 2009.10.18

鈴鹿でまだ登っていない山の1つ、サクラグチ。標高が919.9mあり、綿向山に登ると、結構立派に見える山です。前から気になっている山ですが、どこから登るにしても登山口がハッキリせず、今まで登る機会がありませんでした。今日は、一昨年に歩いた能登ヶ峰から横谷山のコースの続きで、ウグイ川林道からサクラグチを目指しました。

ウグイ川林道駐車地(8:08)

林道分岐点(8:46)

稜線の好展望地(10:04〜10:12)

能登ヶ峰の登山口、鮎河からウグイ川林道を歩き、林道の支線付近の登り口(2.5万図の標高409m地点付近)を捜す。

一昨年に下山に利用しているのですが、GPSの感度不良でイマイチ登り口がハッキリしません。分岐点からそんなに遠くなかったと思い出し、行き過ぎてから少し戻って登り始めました。登り始めると、尾根芯を高い方に行けば良いので、迷うことはありません。鮎河から2時間弱で、展望の良い稜線に着きました。鎌ヶ岳がキレイに見えます。

木々の間から綿向山

サクラグチ(10:42)

宮指路岳〜仙ヶ岳の稜線

好展望地から左に90°曲がって、サクラグチを目指します。最初は少し下りになるので、道がよく分かりませんが、尾根伝いのP889の方に登って行けば、あとは大丈夫です。好展望地の分岐点から30分ほどで、サクラグチの山頂に着きました。

残念ながら、木が茂って景色が見えません。山頂付近を歩き回りましたが、ダメです。

綿向山

西峰P891(11:06)

綿向山と野洲川ダム

サクラグチから、南西の尾根を歩いて鮎河に下ります。途中、木々の間から綿向山や野洲川ダム、宮指路岳〜仙ヶ岳の稜線が少しだけ見えました。あまり景色は見えませんが、いい雰囲気の道です。

尾根を下る

能登ヶ峰の鹿の楽園遠望(11:40)

フェンスに沿って二次林を下りる

林道に下りました(12:10)

これは何でしょう?

鮎河の集落(12:35)

P789付近からは、能登ヶ峰の鹿の楽園が見えました。尾根を下りていくと、段々道がハッキリしなくなってきましたが、林道に下りられました。ここから登るにしても、登り口は分かりにくいです。林道脇に木の箱があったので、登山カード入れかと思ったら、入れる所がありません。これはいったい何なのでしょうか?林道から鮎河の集落を通って、ウグイ川林道の駐車地に戻りました。次回は、鮎河→サクラグチ→横谷山→能登ヶ峰→鮎河の周回コースを歩きたいです。

【参考タイム】 GPS data  (ウグイ川林道の歩き始めに、GPSの感度不良の部分あり)

ウグイ川林道駐車地 −40分 → 登り口 −1時間15分 →稜線の好展望地−30分 → サクラグチ−25分 → 西峰 −1時間  → 林道 −35分 → ウグイ川林道駐車地   歩行距離 : 約10km

 2009.10.31 UP

 

このページの先頭へ

前のページ(蛇谷ヶ峰)

次のページ(横山岳)

最初のページへ

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー