石水渓→臼杵山→御所平→仙ヶ岳→尾根→石水渓 2008.6.14

梅雨で週末の天気も悪そうでしたが、梅雨の中休みか、金曜日ぐらいから梅雨とは思えない好天になりました。急遽、どこへ行こうかと地図を広げ、行き先に選んだ山は、鈴鹿南部の臼杵山から御所平です。御所平は、隣の能登ヶ峰とともに、鹿の楽園と呼ばれる美しい草原があります。去年は滋賀県側の黒滝から登りました。今回は、まだ登ったことのない臼杵山から御所平、仙ヶ岳の周回コースを計画しました。

新名神高架下を出発(7:35)

石水渓に沿って登る

臼杵山登山口(8:09)

国道1号線から県道302号線を石水渓に進み、新名神高速道路の高架下付近の旧道に車を停め、臼杵山登山口に向かいます。石水渓は、文字通り、石の上を渓流が流れ、なかなか美しいです。

臼杵岩付近からのパノラマ、左:臼杵岳、中央:御所平、右:仙ヶ岳と野登山

登山口から40分位の登りで、展望が開け、臼杵岩と思われる岩が見えてきました。右手には、これから向かう御所平や、遠く、仙ヶ岳や野登山も見えます。

臼杵岩(9:00)

新名神を見下ろす

臼杵岩と仙ヶ岳

臼杵山(9:07)

分岐点の道標

立ち枯れした樹木

臼杵岳山頂(9:33〜9:38)

臼杵岳山頂の道標

臼杵岳からの仙ヶ岳と野登山

臼杵岩から臼杵山、分岐点を過ぎて臼杵岳に登ります。臼杵岳の山頂は、木が茂って展望はありませんが、すぐ南に広場があり、仙ヶ岳と野登山がよく見えました。

これから登る御所平

ガレ場と仙ヶ岳・野登山(10:00)

舟石(10:22)

小太郎谷源頭付近の草原(10:36〜10:46)

舟石から県境尾根を縦走し、見通しの利かない樹林帯を抜けると、目の前に「鹿の楽園」の景色が広がってきました。この景色を見るために登ってきたのです。そのとき、ガサガサッと音がして、目の前を2頭の鹿が駆け抜けて行きました。あわててカメラを出し、目いっぱい望遠にして撮りました。下の写真です。

鹿2頭

まさに鹿の楽園です。

ガレ場(10:51

ミズナシから御所平最高点へ(11:22)

ミズナシを振り返る

御所平最高地点(11:32)

ミズナシから御所平の最高点を通ってヨコネまでは、気持ちの良い草原の稜線歩きです。

御所平からの360°パノラマ 

隣の能登ヶ峰

ヨコネ(12:10)

仙ヶ岳(12:50)

ヨコネから御所谷の最低鞍部を通り、仙ヶ岳の西峰へ。さすがに、仙ヶ岳はいろいろなコースから登山者が多いです。休憩もそそそこに、仙ノ石のある東峰に向かいます。

仙ノ石(13:03〜13:08)

仙ノ石と御所平

野登山

仙ヶ岳、仙ノ石に来たのは今回が3回目です。仙ノ石は、西峰より人が少ないので、ここで小休止し、南尾根を石水渓まで下りました。この南尾根コース、道はハッキリしていますが、けっこう急な下りでキツかったです。

南尾根コースを下る

仙ヶ岳の支尾根と御所平

南尾根コースから新名神を見下ろす

不動明王(14:10)

営林署の廃屋(14:42)

茶畑と新名神(15:20)

ちょっと長丁場の周回コースでしたが、無事、出発点の高架下まで戻りました。なかなか変化があって面白かったです。

【参考タイム】 GPS data  

新名神高架下の駐車地→ 35分 →臼杵山登山口 → 1時間 → 臼杵山 → 25分 → 臼杵岳 → 1時間 → 小太郎谷源頭 

→ 30分 →ミズナシ → 10分 →御所平最高点 → 40分 → ヨコネ → 40分 → 仙ヶ岳 → 15分 → 仙ノ石 → 1時間 →

不動明王 → 55分 →南尾根登山口(林道車止) → 20分 → 新名神高架下の駐車地 (歩行距離:約15km)

 2008.6.23 UP

 

このページの先頭へ

前のページ(蛇谷ヶ峰)

次のページ(八淵ノ滝)

最初のページへ

 

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー