黒滝→ベンケイ→御所平→仙ヶ岳→田村川林道 2007.5.26

週末の天気予報が急に良くなり、それならどこかに出かけましょ、と思いついた行き先は御所平。鈴鹿南部の山です。

国道1号線を走り、鈴鹿峠手前の「猪鼻」で左折し、黒滝に向かいました。

黒滝の惣玉神社(7:30)

木の幹に「ベンケイ、舟石」の文字

獣避けネットの横を歩く

ベンケイ・御所平の登山口、黒滝は、去年、能登ヶ峰から鹿の楽園を歩いたときの登山口の近くです。惣玉神社の社殿の裏に登山口があるとのことでしたが、道標や立て札が見当たらず、細い踏み跡を見つけて登っていくと、樹木の幹に「ベンケイ、舟石」の文字を見つけました。どうらら、この道でOKです。登っていくと、一本道なので、迷う心配はありません。

尾根芯を歩く

展望のないベンケイ(8:50)

舟石からは、少し展望が開ける(9:10)

惣玉神社から1時間20分くらいで、展望のないベンケイ(標高761.6m)に付きました。ベンケイとは、変わった名前の山もあるものです。やがて、展望の少し開けた場所に出ると、そかが舟石でした。第二名神高速道路の高架橋や目指す仙ヶ岳が見えました。

アカヤシオ

舟石〜御所平間の草原(9:33)

ガレ場の脇を通る

草原と樹木の緑がキレイです。

来た道、ガレ場を振り返る

御所平南端からのミズナシ(9:50)

P756を過ぎると、草原と樹木のキレイな景色が見えてきました。右側は、ガレ場です。キレイな景色を眺めながら登った小ピークは、御所平の南端でした。ここで登山コースは、右に直角に曲がります。

御所平南端からのパノラマ。後ろには、雨乞岳、御在所岳、鎌ヶ岳も見えました。

御所平最高点、標高880m(10:20)

能登ヶ峰の鹿の楽園

段々、仙ヶ岳に近づいてきました

御所平の最高点に着きました。最初は雲の多かった空も、いつの間にか、晴れてきました。ただし、今日は黄砂の影響で、あまり遠くの景色は見えません。左の方を見ると、能登ヶ峰の鹿の楽園が見えます。右前方には、これから登る仙ヶ岳が、近くに見えるようになってきました。

御所平と仙ヶ岳の鞍部(10:58)

仙ヶ岳 西峰(11:30)

御在所岳と鎌ヶ岳

御所平と仙ヶ岳の鞍部を通過し、仙ヶ岳に向かいます。仙ヶ岳の西峰からは、御在所岳と鎌ヶ岳がキレイに見えました。

せっかくなので、仙ノ石まで足を延ばし、仙ノ石から、仙ヶ岳と御所平の鞍部まで戻りました。

仙ノ石(11:45)

仙ノ石と仙ヶ岳 西峰

仙ヶ岳と御所平の鞍部から田村川林道へ下りる。(12:40)

この道、行き(登り)は問題ないですが、帰り(下り)は、うっかりすると、御所谷の方へ迷い込んでしまいます。仙ヶ岳と御所平の鞍部からは、滋賀県側の田村川林道に下ります。

田村川林道までの美しい渓流

堰堤

田村川林道に下りる(13:45)

駐車地まで田村川林道を歩く

この道、最初は水がなかったのが、チョロチョロと細い流れになり、やがて小さな滝を伴った渓流になります。赤テープは少な目ですが、要所要所には、固定ロープが張ってありました。もう少しで林道に下りられるかと思った頃、堰堤が現れます。最初は、下りる道が分からず、だいぶウロウロ捜しましたが、何のことはない、堰堤の左手を乗り越えれば、下りられました。今日歩いたコース、草原と樹木のキレイな景色、ガレ場、御在所と鎌ヶ岳の景色、仙ノ石、そして美しい渓流と、変化があってなかなか良かったです。

【参考タイム】 GPS data  

黒滝 - 1時間20分 - ベンケイ- 20分- 舟石 - 40分 - 御所平南端 - 30分 - 御所平最高点 - 40分  - 鞍部 - 30分 - 仙ヶ岳 西峰 - 15分 - 仙ノ石- 15分- 仙ヶ岳 西峰 - 20分 - 鞍部 - 50分 - 田村川林道- 1時間 - 黒滝 (歩行距離:約18km) 

 2007.5.28 UP

 

このページの先頭へ

前のページ(銚子岳〜竜ヶ岳)

次のページ(武奈ヶ嶽・三重嶽)

最初のページへ

 

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー