朝明渓谷→根ノ平峠→愛知川→羽鳥峰→水晶岳   2003.11.1

 

晩秋の愛知川源流(神崎川)の景色が見たくて、朝明渓谷まで車を走らせました。以前に滋賀県側の杠葉尾(ゆずりお)からヒロ沢まで歩きましたが、滋賀県側からは、どうも道が分かりにくいので、今回は、朝明渓谷から入りました。鈴鹿スカイラインの武平トンネルより三重県側を走るのは、今回が初めてです。

朝明渓谷駐車場

しばらく車道を歩く

根ノ平峠を目指して登る

タケ谷

タケ谷出合付近

愛知川(神崎川)の河原を歩く

タケ谷出合〜大瀞

タケ谷出合〜大瀞

大瀞の鉄橋

鉄橋から見下ろした愛知川

タケ谷出合〜大瀞〜ヒロ沢は、左岸(下流に向かって左側)に登山道があります。所々河原も歩きましたが、カメラが水没するとマズイので、無理をせず、山道を歩きました。大瀞橋付近の登山道は、木が茂っていて、あまり渓流が見えません。橋の近くから下をのぞき込むと、黒部渓谷のような見事な景観です。

大瀞橋付近のお地蔵さん

大瀞〜ヒロ沢

大瀞〜ヒロ沢

大瀞〜ヒロ沢

大瀞〜ヒロ沢

大瀞〜ヒロ沢

ヒロ沢付近

ヒロ沢付近

羽鳥峰湿原

羽鳥峰峠と羽鳥峰

水晶岳より御在所岳を望む↑

←水晶岳の雨量計測施設

ヒロ沢から羽鳥峰峠に登り、水晶岳まで縦走しました。羽鳥峰峠からの縦走路は、けっこう笹薮の茂った道でした。途中の金山は展望ナシ。時々、前に御在所岳、後に釈迦岳、左に朝明渓谷の小屋が見えます。水晶岳は、地図に見晴らしが良いと書いてあったので、行ってみましたが、上の写真のような雨量計とアンテナがあり、興ざめでした。水晶岳から中峠に戻り、朝明渓谷に下りました。

 

[ END ]  2003.11.8 UP

 

このページの先頭へ

前のページ(金草岳)へ

次のページ(三石岳)へ

最初のページへ

 

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー