ガルミッシュ・パルテンキンヒェン → ツークシュピッツェ 1982.9.11

 

社会人になって4年目の夏、仕事で約1ヶ月ドイツに滞在しました。仕事は平日だけなので、土日は観光を楽しみ、ドイツの最高峰ツークシュピッツェ(2628m)にも登りに行きました。ツークシュピッツェは、ミュンヘンから列車でガルミッシュ・パルテンキンヒェンに行き、そこから登山列車者とロープウェーを乗り継いで、ほとんど歩かずに山頂近くまで行けます。

ロープウェイ駅から撮ったと思われるパノラマ写真

ロープウェイ駅

さすがに週末なので、たくさんの観光客です。

こんな所を登る

ツークシュピッツェ頂上

山頂はオーストリアとの国境です。

ツークシュピッツェ頂上からのパノラマ、はるか下にアイブ湖が見える。

残念ながら、雲の多い天気でしたが、9月になっても残る万年雪や湖の景色が見られました。

山を下り、ドイツ国鉄で国境の駅、ミッテンヴァルドに行きました。別に、目的があったわけではありませんが、ドイツ国内の周遊券を買っていたので、少しでもヨーロッパアルプスに近い所まで行きたかったのだと思います。後で調べてみると、ヴァイオリンの生産で有名だそうです。田園的な山の景色が良かったです。

国境の街、ミッテンヴァルドにて

ドイツ国鉄DBの特急列車

これは、山に登る前に行った、ミュンヘン郊外のニンフェンブルク城です。右の写真は、テレビのCMでお馴染みの景色です。機会があれば、また行ってみたいけれど、きっと退職後になるでしょう。

 

 [END] 2005.10.9UP

このページの先頭へ

前のページ(木曽駒ヶ岳)へ

次のページ(北穂高岳中腹)へ

最初のページへ

 

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー