杠葉尾→銚子ヶ口→クラシ・イブネ→峠→甲津畑 2010.5.8

今日は久しぶりの鈴鹿山系で、銚子ヶ口からイブネを縦走しました。 銚子ヶ口からイブネの縦走コースは、充実した いいコースですが、少し距離が長いです。今まで、4回縦走しましたが、日帰りの周回コースの場合は、2回とも暗くなってから出発地に戻りました。あとの2回は、途中でテント泊しました。今回は、会社の同僚のO氏を誘い、車2台で出かけ、下山予定の甲津畑林道駐車地に置き車して、杠葉尾の登山口から登りました。

杠葉尾の銚子ヶ口岳登山口(8:15)

銚子ヶ口への途中、振り返ると御池岳がデカい。

杠葉尾の銚子ヶ口岳登山口には、車が1台しか停められません。すでに1台、先着の車があったので、少し離れた場所に車を停め、当初の予定通り、銚子ヶ口の北尾根コースから銚子ヶ口東峰に向かいました。

銚子ヶ口 東峰からの360° (10:00) パノラマ 写真をクリックすると拡大表示します。

銚子ヶ口岳登には何度も登っていますが、前回登ったのは2008年11月以来、1年半ぶりでした。まずは東峰。今日は、素晴らしい天気だったので、久しぶりにパノラマ写真を撮りました。東峰で景色を堪能し、三角点峰、中峰経由で南峰に向かいました。

 

銚子ヶ口 南峰からの360° (10:25) パノラマ 写真をクリックすると拡大表示します。

南峰も東峰と並んで素晴らしい景色です。ここでもパノラマ写真を撮りました。折角なので、あまり行くことのない北峰にも立ち寄り、あとで行く西峰を合わせて、6つの山頂を全部登りました。1日に6つ全部登ったのは、今回が初めてです。

 

銚子ヶ口山頂部の地図

北峰からの永源寺ダムの眺め(10:38)

西峰からのクラシ、雨乞岳、タイジョウの眺め(11:00)

水舟の池(11:30)

北峰から中峰に戻る途中、北峰に向かう登山者に会いました。北尾根の登りででお会いした年配の登山者です。北峰に向かうとは珍しいので声をかけたところ、水舟の池に行くつもりとのこと。どうやら方向を間違えて、北峰の方に来られたようです。水舟の池なら、私らも行きますよ、ということで、水舟の池までご一緒しました。

大峠 (11:40〜12:00)

大峠からクラシに向かう

水舟の池に行くには、銚子ヶ口西峰と水舟の頭の鞍部からも行けますが、大峠から行く方が道が分かりやすいです。

最低鞍部からのタイジョウ

間近にクラシが見えてきた

大峠から縦走路を南下し、急な登りが済んだら、ようやくクラシの入口です。クラシ・イブネは、昔は深い笹に覆われていたらしいですが、すっかり笹がなくなってしまい、今は、日本庭園のようです。

鎌ヶ岳が見える

イブネ最高地点付近(13:40)

御在所岳と鎌ヶ岳

日本庭園風の景色と雨乞岳

銚子ヶ口→イブネの縦走なら、イブネまで来れば、あとは杉峠から甲津畑まで下りるだけなので、時間の計算が立ちます。長い縦走路でしたが、今日は登山口まで戻らなくて良いので、楽なものです。イブネでゆっくりできました。

熊ノ戸平に寄り道(13:50〜14:00)

杉峠(14:35)

一反ぼうそう (14:45)

藤切谷の吊橋を渡る(15:05)

イブネから熊ノ戸平に寄り道し、杉峠から千草街道を下りました。さすがに、甲津畑までの道は遠く感じました。朝、8:15に杠葉尾を出発し、夕方、16:07に甲津畑林道の駐車地(林道岩ヶ谷線入口付近)に着きました。

【参考タイム】 GPS data  

杠葉尾−1時間45分 → 銚子ヶ口東峰−山頂めぐり 1時間 → 銚子ヶ口西峰−30分→ 水舟の池−10分 → 大峠

−1時間 → クラシ入口 −30分 → イブネ−25分 → 杉峠−1時間30分 → 甲津畑林道駐車地

歩行距離 約 19 km (銚子ヶ口山頂めぐり、水舟の池、熊ノ戸平寄り道を含む)

 2010.5.9 UP

このページの先頭へ

前のページ(蛇谷ヶ峰→武奈ヶ岳)

次のページ(高円山・宮指路岳)

最初のページへ

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー