深山橋→綿向山→大峠→清水頭→白倉林道 2009.3.15

綿向山から雨乞岳への縦走は、鈴鹿ファンなら一度は歩きたいルートの一つです。私は 2年前の2007年2月に、甲津畑→大峠→綿向山→大峠→雨乞岳→杉峠→甲津畑 というコース取りで、初めて、綿向山から雨乞岳の縦走を達成しました。

今回は、野洲川ダムの深山橋から、白倉林道を利用して綿向山に登り、イハイガ岳経由で雨乞岳まで縦走、清水頭まで戻って、清水頭南尾根を下りるコースを考えました。白倉林道からの入山は、西内さんのガイドブックや山渓にも紹介されているのですが、工事中で、長らく利用できませんでした。そろそろ工事が終るというので、深山橋からの綿向山〜雨乞岳縦走に挑戦しました。

深山橋の白倉林道入口発 (7:27)

道路の真ん中にクレーン車(7:43)

山は白くなっていた

深山橋の白倉林道入口に着くと、林道の工事は3/14までと書かれていましたが、ゲートは閉まってました。前に来たときは、徒歩でも入れなかったのですが、今日はゲートの脇から入れそうです。ということで、ゲートの外に車を停め、準備をしていると、工事関係者の方が来られました。話を聞くと、工事が予定より遅れていて、今月いっぱいかかるだろうとのことでした。林道は、徒歩では入れるが、途中に重機が置いてあるので、車は通行できないとのことでした。ゲートを開けてもらい、綿向山南尾根の登り口まで歩き始めました。

林道に水が流れる所が登り口(8:48)

綿向山南尾根の登り口

造林公社の看板

深山橋から登り口まで、途中の景色は良かったですが、徒歩で1時間以上かかりました。林道に水が流れる所の手前が、綿向山の登り口です。道標などはありませんが、赤テープ等の目印がありました。道は、林業で使われているのか、しっかりしていて分かりやすかったです。

道は、はっきりしている

段々雪が積もってきた

野洲川ダムとサクラグチ

綿向山までの途中、足場の悪いガレ場が2ヶ所ありました。最初のガレ場は、よく見るとロープがありましたが、半分雪に埋もれてました。 ロープは使わず、一歩一歩慎重に通過しました。次のガレ場は、落ちれば生命の保証がない高さでした。ガレ場を避け、雪の積もったブッシュの間を通過しました。

雪の林を登る

霧氷がキレイ

綿向山近し

途中、霧氷がキレイでした。今年は暖冬で、このような雪景色は、もう見られないかと思っていましたが、昨夜降った新しい雪が10cm〜20cm積もってました。やがて、政子・奥草山からの尾根と合流しました。ここからは、夏に歩いたことがあるので安心です。

鎌ヶ岳が見えてきた

綿向山南斜面を登る

綿向山山頂が見えてきた

綿向山山頂(11:00〜11:15)

霧氷と青空

綿向山北東尾根に向かう

今年2回目の綿向山です。一週間前に行った人の山レポでは、ほとんど雪が消えていたのに、昨夜の雪で、冬に逆戻りです。冬季ルートから、たくさんの人が登ってきました。

綿向山北東尾根の樹氷

イブネ・雨乞岳・鎌ヶ岳

イハイガ岳を登る

イハイガ岳山頂 (12:07)

イハイガ岳の好展望地より

イハイガ岳の大ガレ

私は、綿向山に登ったときは、大体、イハイガ岳まで足を延ばすのですが、今年の1月に登ったときは、大雪だったので、イハイガ岳はパスしました。今日は、久々の雪の積もったイハイガ岳です。ちょっと雲が多いですが、大ガレは迫力があります。

大峠(12:45)

雨乞岳

霧氷と綿向山

イハイガ岳から大峠への道は、初めての人なら分かりにくいでしょう。道なりに下りると、ツルベ谷に下りてしまいます。ツルベ谷に下りないように雪の斜面をトラバースして大峠に向かいました。大峠からは、けっこう急な登りです。枯れ葉の上に雪が積もっているので、滑って登りにくいです。登っていくと、シャクナゲのブッシュの間を通過です。シャクナゲの葉っぱには雪が積もっているので、冷たいです。気がついたら、上着のポケットが雪だらけになってました。

雨乞岳の稜線近し

清水頭(14:20〜14:25)

清水頭からの雨乞岳

シャクナゲのブッシュを通過したら、もう雨乞岳の稜線は間近です。しかし、今日は白倉林道の中まで車で入れなかったのと、予想外の雪で時間を取ったので、遅くなってしまいました。雨乞岳まで行くのはあきらめ、清水頭までにします。この辺り、雪の多い所は、30cmくらい積もってました。

清水頭南尾根を下りる

鎌ヶ岳の眺め

林道に下りました。

清水頭からの下山路も、思ったよりいい道でした。天気が良くなってきた、鎌ヶ岳の眺めも良かったです。ところが、尾根芯を忠実に下りて行くと、すぐ目の前に林道と橋が見えているのに、凄い絶壁で下りられません。左手の薄いトレースをたどり、何とか林道に下りました。橋を渡ると、ちょうど仕事を終った森林組合の人に声をかけてもらい、深山橋まで車の荷台に乗せてもらいました。(途中、クレーンの置いてある所は、通過できないので、別の車に乗り換えです。)

【参考タイム】 GPS data  

深山橋−1時間20分 → 綿向山登り口−2時間10分 → 綿向山−50分→ イハイガ岳−35分 → 大峠−1時間30分 → 

清水頭−1時間10分→ 白倉林道(清水ヶ谷分岐) −車と徒歩で 25分 → 深山橋 : 歩行距離(車の荷台を含む)約 21km 

 2009.3.25 UP

 

このページの先頭へ

前のページ(T字尾根から御池岳)

次のページ(駒ヶ岳)

最初のページへ

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー