大又林道駐車地→明神平→薊岳→明神平→大又林道駐車地 2008.9.23

8月下旬から週末の天気が良くなく、久しぶりの山歩きです。今回は、京都に住むR君を誘って、奈良県の明神平と薊岳に登りました。明神平と薊岳は、2人とも初めてです。明神平と薊岳は、人気のコースなので、本やインターネットよく写真を見るのですが、なかなか良さそうな所です。大又林道終点からの往復ならば、山歩きが久しぶりのR君も、そんなにシンドくないでしょう。

大又林道終点の駐車地発(8:25)

渓流に沿って舗装道路を歩く

美しい渓流(その1)

美しい渓流(その2)

ロープをつかんで沢を渡る

明神滝(9:30)

滋賀県の自宅を5時過ぎに出て、京都、奈良経由で、大又林道へ、。林道は、狭いながらも終点の駐車地まで舗装道路でした。8:25分に駐車地を出発し、舗装された林道の続きを歩きます。右手には美しい渓流が流れています。地道になり、何度か沢を渡ると、立派な滝が見えてきました。明神滝です。やがて、傾斜が急になり、駐車地から1時間半ほどで、明神平の入口、あしび山荘の前に着きました。

キケン箇所、でもたいしたことはありません。

明神平、あしび山荘(10:10〜10:30)

明神岩付近(10:50)

あしび山荘は、大阪府立天王寺高校のOBの方が建てたそうですが、一般には開放されていません。こんないい場所に山小屋があるなんて、うらやましいです。明神平で小休止して、薊岳に向かいます。途中、右手に見える明神平の緑がキレイでした。

薊岳に向かう

樹木のグリーンがキレイです

明神平と国見山の南の山

いかにも毒キノコ(ドクベニタケ)

これも毒キノコ(クサハツ)

ウスキヒラタケ

雨が多かったせいか、キノコがよく生えていました。残念ながらどれも毒キノコです。ウスキヒラタケは、毒キノコではないらしいですが、君子危うきに近寄らずで、写真を撮るだけにします。

薊岳への縦走路

薊岳山頂直下

薊岳山頂(12:25〜13:10)

明神平から、さほど標高差のない尾根を縦走し、1時間半ほどで、薊岳の頂上に着きました。遠景は、少し雲っていますが、大峰山系の山々がよく見えます。高見山らしき山も見えました。頂上でゆっくりして、元、来た道を明神平まで戻りました。

高見山かな?

明神平に戻る

鹿の楽園のような明神平

明神平のパノラマ

国見山方面(国見山の南の山)

あしび山荘を見下ろす

明神平を歩く

帰りは、明神平・明神岳の分岐点から、左に曲がり、明神平の真ん中を通る道で、あしび山荘前まで下りました。こちらの道の方が景色がいいですね。次回来るときは、是非、テントで一泊したいと思いながら、歩きました。帰りは、時間を気にすることなく、滝や渓流の写真を撮りながら、ゆっくり下りました。

<参考データ> GPS DATA  赤線:往路、青線:復路)

大又林道駐車地 → 1時間30分 → 明神平 →  1時間30分 → 薊岳 → 1時間 → 明神平 →  2時間 → 大又林道駐車地

(写真を撮りながらで、かなり「ゆっくり目」です。)   : 歩行距離 約12.5km 

 2008.9.28 UP

 

このページの先頭へ

前のページ(霊仙山)

次のページ(シャカ岳)

最初のページへ

 

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー