JR志賀→クロトノハゲ→蓬莱山→権現山→栗原→小野 2008.3.22

3月になると天気が安定し、毎週のように山歩きが楽しめます。今日は、比良山系、第二の標高を誇る蓬莱山に登り、権現山まで縦走しました。蓬莱山は、山頂がスキー場になっていて、登山者にはちょっと不人気ですが、琵琶湖の眺めは、武奈ヶ岳より素晴らしいです。

堰堤と、これから歩く稜線(8:52)

天狗杉(9:37)

天狗杉を過ぎると、雪の上を歩く

JR志賀駅8:07発、道標などありませんが、真っ直ぐ山の方に進み、湖西道路をくぐり、キタダカ道の登山口を目指します。

8:42に、林道終点の登山口着。天狗杉を過ぎると、残雪が多くなり、ずっと雪の上を歩きます。

びわ湖アルプス山荘が見える

クロトノハゲからの烏谷山と堂満岳

びわ湖アルプス山荘前からの武奈ヶ岳

クロトノハゲから木戸峠に向かい、まだ登っていない標高1080mの無名峰を登ろうと思っていたのですが、気がつけば、打見山の方に登っていたので、そのままびわ湖アルプス山荘のある打見山を目指します。びわ湖アルプス山荘前からは、2週間前に登った武奈ヶ岳がキレイでした。遠く、白山もよく見えました。

白山がよく見えました。

山頂部で、そり遊びする家族連れ

蓬莱山は、まだスキー場が営業中

今年は雪がよく降ったので、山頂部は、まだスキー場が営業中です。そり遊びの家族連れやスキー・スノーボードを楽しむ人たちで賑わっています。ゲレンデの隅っこを連慮しながら、蓬莱山に登って行きます。

蓬莱山山頂のケルン(11:50〜11:55)

これから歩く小女郎峠方面と比叡山

琵琶湖南部がよく見えます。

小女郎峠(12:16)

小女郎池(12:20〜12:25)

小女郎池と蓬莱山

蓬莱山の頂上で小休止して、小女郎峠に向かいます。雪のない土の道と雪の道がまだらになっています。小女郎峠から小女郎池を往復します。今年は雪が多く、半分以上埋まっていた看板も、下まで見えています。池は、まだ雪に埋もれて水面が見えません。

小女郎峠からホッケ山に向かう

ホッケ山(12:50)

権現山(13:25)

権現山はまだ雪たっぷりです。

霊仙山と比叡山

権現山からの下山路

小女郎峠からホッケ山、権現山と、展望の良い稜線を縦走します。左手には琵琶湖が、正面には比叡山が見えて、気持ちよく歩けます。

栗原からの林道に下りました。(14:10)

県道311号を歩く(15:00)

小野篁神社(15:15)

権現山から左手に折れ、栗原に下山しました。栗原からはJR和邇駅までバスがあるのですが、本数が少ないので歩きます。私の場合、和邇駅まで歩くのも直接家まで歩いて帰るのもそれほど変わらないので、自宅まで歩いて帰りました。

途中、小野篁(オノタカムラ)神社から、小野古墳群を通って帰ろうとしたら、比良ゴルフ場に紛れ込んでしまいました。ちょっと恥ずかしかったですが、何とか通してもらい、何とか自宅に帰り着きました。

【参考タイム】 GPS data  ←(JR志賀駅〜小野妹子公園前までです。和邇駅へのルートも青色で入力してあります。)

JR志賀駅 → 35分 → キタダカ道登山口 → 55分 → 天狗杉 → 50分 → クロトノハゲ → 30分 → 打見山  → 25分 → 蓬莱山→ 55分 → 小女郎峠 → 15分(小女郎池往復) →  25分 → ホッケ山 → 30分 → 権現山 → 1時間20分 → 栗原 → 40分 → JR和邇駅  (歩行距離:約18km) 

 2008.3.26 UP

 

このページの先頭へ

前のページ(赤坂山・大谷山)

次のページ(黒尾山・銚子ヶ口)

最初のページへ

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー