アルプス登山口→太神山→矢筈ヶ岳→笹間ヶ岳→上関 2006.12.24

天気予報では「晴れ」だったのですが、朝、起きてみると、どんよりとした天気。京都や大津は晴れているだろうと、楽観的観測で出発。ところが、JR石山に着いても、アルプス登山口のバス停に着いても、相変らず雨の降りそうな天気。雨具を持ってこなかったので、ちょっと心配でしたが、予定通り、太神山(たなかみやま)に向かって歩き始めました。

帝産バス、アルプス登山口発(8:15)

泣不動(9:23)

不動寺、二尊門(9:34)

こんな天気なので、デジカメのシャッターも湿りがち。不動寺の境内に入った頃から、ボチボチと写真を撮り始めました。

それにしても、こんな山の中に、古いお寺があるとは。

太神山山頂(9:54)

矢筈ヶ岳分岐(10:21)

矢筈ヶ岳山頂(11:03)

矢筈ヶ岳分岐から、矢筈ヶ岳に向かう。今日のコース、なぜか、国土地理院の地図には、登山道が載っていません。赤テープとGPSを頼りに、太神山から1時間程で、矢筈ヶ岳山頂に到着。木々の間から、少し展望が開ける。

いたるところに松茸山、入山禁止の

吊り下げ札がある。

池の横を通ります。(11:57)

笹間ヶ岳頂上の八畳岩(12:30〜12:50)

矢筈ヶ岳から、御仏河原に下り、今度は笹間ヶ岳に向かう。ハイキングのガイドブックによっては、太神山と矢筈ヶ岳だけに登って、御仏河原から下山するコースが紹介されてますが、ここまで来たら、笹間ヶ岳まで行かないと面白くない。

笹間ヶ岳頂上(八畳岩の上)

三上山と堂山

音羽山と比叡山、瀬田川

今日登った3つの山の中では、一番標高の低い笹間ヶ岳だが、山頂の八畳岩からの眺めは、今日一番の眺めだ。

残念ながら、曇り空でパッとしないし、遠くの山も見えないが、瀬田川や比叡山、三上山も見える。

下山中の景色(13:07)

新茂知神社(13:32)

上関バス停(13:35)

JR石山行き時刻表

何とか、雨に降られずにすんだ。笹間ヶ岳から道なりに下山すると、やがて、林道と一緒になり、神社の前を通り、車の通る道を左に曲がれば、すぐにバス停だ。1時間に2本のバスだが、すぐに13:40のバスが来た。

【参考タイム】

アルプス登山口バス停 - 1時間40分 -太神山-1時間10分 - 矢筈ヶ岳 - 45分 -御仏河原- 45分 -笹間ヶ岳-45-

上関バス停 (歩行距離:約16.5km)←アップダウンが少ないので、距離の割には楽でした。

 2006.12.24 UP

 

このページの先頭へ

前のページ(霊山)へ

次のページ(入道ヶ岳)へ

最初のページへ

 

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー