銀閣寺→大文字山→池谷地蔵→JR西大津 2005.12.25

今年の12月は全国的に寒い日が続き、滋賀県北部や北陸地方では記録的な大雪に見舞われています。12/23からの3連休も雪の降る寒い日が続きましたが、連休3日目の12/25は、久しぶりに天気の良い休日になりました。どこへ行こうかといろいろと思案した結果、銀閣寺から大文字山に登り、滋賀県側に下りようと計画しました。今年の正月、山科から大文字山に登り、銀閣寺に下りましたので、その逆コースになります。

銀閣寺前を出発

雪が増えてきた

長い階段を登る

山科から登ったのに比べると、銀閣寺から登るのは、コースも分かりやすく、楽な感じがしました。長い石の階段を登ったあたりで、振り返って比叡山の写真を撮りました。正月に逆コースを歩いているので、この辺で比叡山が見えるはずと気がつきますが、初めて銀閣寺から登った人は、気づかずに通過してしまうかもしれません。銀閣寺から45分くらいで、「大」の字の中心、火床に着きます。思ったよりも雪は少く、今年の正月に来たときの方が雪が多かったです。

振り返ると比叡山が見える

火床に着いた

火床を前景に愛宕山

火床からのパノラマ

天気が良いのに、まだ朝早いので、人は少なめです。火床からの京都市内の景色を堪能し、大文字山山頂へ向かいます。1月に来たときは、アイゼンを使いましたが、今日はアイゼンは要りませんでした。

気温はマイナス2℃

大文字山頂上

頂上からの眺め(京都タワーも見える)

比叡平・池谷地蔵方面に下りる。狭い林道のような道がアスファルトの道になり、車道をうんざりするほど歩く。道路が凍っていて、時々滑りそうになる。

如意ヶ岳山頂へは、

航空施設のため立入禁止

比叡山がまた見えてきた

琵琶湖や三上山が見えてきた

(西大津バイパス付近から)

JR西大津駅

最初は、如意ヶ岳経由で、西大津に下りる予定でしたが、比叡平・池谷地蔵方面への道に曲がってしまい、如意ヶ岳へは行けませんでした。途中、皇子山カントリークラブの横を通り、延々と車道を歩きました。予定のコースではなかったけれど、とりあえず大文字山から滋賀県側まで歩けました。なお、銀閣寺前発8:25、西大津駅着11:25(所要3時間)でした。

 2005.12.25 UP

 

このページの先頭へ

前のページ(皆子山)へ

次のページ(金剛山)へ

最初のページへ

 

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー