戸沢入口→大倉尾根→塔ノ岳→鍋割山→大倉 2005.4.24

珍しく、出張で横浜に行くことになった。仕事は月曜日の朝からなので、この出張を利用して、日曜日に、丹沢の塔ノ岳に登った。土曜日の夜行バスで神奈川県の本厚木へ行き、早朝、小田急で秦野に向かう。普通、塔ノ岳に登るには、渋沢から大倉までのバスに乗るのだが、早朝はこのバスがない。そういうわけで、秦野から菩提経由渋沢行きのバスに乗り、戸沢入口で降りて大倉まで歩いた。ウォーミングアップにちょうどいい。この方が30分くらい早く大倉に着く。

風の吊橋、橋を渡ると大倉。

大倉尾根・塔ノ岳への道

雪をかぶった富士山が大きい

秦野に着く前、小田急の車窓から雪をかぶった大きな富士山が見えた。この辺に住む人は、居ながらにして、富士山が見えるなんて、うらやましいと思いながら大倉尾根を登った。時々、木々の間から富士山が見えるが、スッキリとは見えない。途中、大倉高原山ノ家の前に展望台があるというので、先を急いだが、ここからは富士山は見えませんでした。

大倉尾根の階段の登山道

花立山荘を過ぎると、富士山が

スッキリ見えるようになる。

塔ノ岳まであと少し

大倉尾根最後の道標「大倉尾根45

塔ノ岳頂上からの富士山

頂上にある尊仏山荘

大倉尾根は、整備の行届いたコースで、山小屋・道標も多い。大倉から登り始めたとき、「大倉尾根」だった道標が、頂上手前では「大倉尾根45」になります。頂上は、老若男女、外人さんまでいて、にぎわってました。

塔ノ岳山頂からの360°パノラマ (写真をクリックすると、拡大表示します。)

ちょっと雲が出てきましたが、富士山が立派です。

こちらは丹沢山・蛭ヶ岳

富士山と鍋割山(右下の山)

鍋割山荘

名物、鍋焼きうどん

塔ノ岳を後にし、鍋割山に向かう。鍋割山荘は、先週30周年を迎えた人気の山小屋です。お昼には少し早いけれど、名物の鍋焼きうどんを食べる。食べ終わって、ふと見ると、富士山が見えません。さっきまで見えていた富士山が、とうとう雲に隠れました。一瞬、富士山の山頂が、かすかに見えましたが、それが見納めでした。

富士山頂がかすかに見える。

二股、新緑がキレイでした。

大倉バス停に着きました

鍋割山からは、後沢乗越、二股経由で、大倉まで下山しました。二股からの林道歩きも、新緑がキレイで、上高地を歩いているような気分でした。首都圏では手軽なハイキングコースですが、関西からは遠くて、めったに行けない丹沢の山。

横浜出張を利用した山行でしたが、良い天気に恵まれてラッキーでした。

 

 2005.4.29 UP

 

このページの先頭へ

前のページ(土倉岳)へ

次のページ(御池岳)へ

最初のページへ

 

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー