→百井→ナッチョ(天ヶ森)→三谷峠→花折峠→平   2004.5.23

 

梅雨入り間近の日曜日、2週間前に登ったナッチョ(天ヶ森)に、もう一度登りました。ナッチョから比良山を眺めると、手前に標高812mのピークが見えます。インターネットで調べると、地図には載っていませんが、この812m峰を通って花折峠まで登山コースがあるようなので、歩いてみたくなりました。また、前回は、百井に下りるつもりで道を間違ってしまったので、百井からナッチョに登るコースを歩き、どこで間違ったかを確かめようと思いました。

うまい具合に、比良山系の権現山登山口「平」を起点として、皆子山に登るコースである百井川の横の林道をたどれば、百井に行けます。そこからナッチョに登り、花折峠まで縦走すれば、周回コースとなり、マイカー登山には好都合です。

国道367号線「平」の駐車スペース

百井川の横の林道を歩く

寺谷付近

皆子谷付近。橋が壊れているので、靴が濡れるが川を渡る。

京都修道院村

百井のナッチョ登山口

調子よく百井川の横の林道を歩いていたのですが、皆子谷近くまで来ると、林道がなくなり、川に降りなくてはなりません。おまけに、橋が壊れていて、川の中に足を沈めなければ、対岸に渡れません。この辺から皆子山への分岐点まで、少し道が分かりにくかったです。地図に載っている道でさえ、こんな調子なら、地図に載っていない道など、どうなることかと先が思いやられました。皆子山への分岐点から、しっかりした道になり、グリーンレイクミナゴ(釣り池)、京都修道院村の前を通り、百井〜大見間の舗装道路脇にナッチョ登山口の道標を見つけました。(平からここまで約2時間)

少し登ると展望が開け、花背方面が一望

ナッチョ頂上

比良山(蓬莱山)と手前に812m峰

三谷峠、花折峠方面への表示もある

百井のナッチョ登山口から登り始め、しばらくすると、見覚えのある荒れた林道に出ました。やはり2週間前に来たときは、この辺で間違ったのだと分かりましたが、間違って下りた道は分かりませんでした。

鹿避けネットを通過してナッチョの頂上へ。比良山も琵琶湖も見えましたが、2週間前より少しモヤっとしてました。

812m峰。折立山と書かれている。

木が茂って展望ナシ。比良山は木の後ろに隠れて見えません。

急な坂にはロープも張ってある

武奈ヶ岳が少し見えた

少し展望が開ける。

歩いてきた812m峰を振り返る

花折峠の登山口。電信柱に「三谷峠」「ナッチョ」と書かれている。

32年ぶりの花折峠

タニウツギ

国道367号線の花折峠入口(平)

ナッチョ〜三谷峠〜花折峠は、要所には赤テープの印があり、道もしっかりしていました。やがて、国道367号線を走る車の音が聞こえるようになり、途中トンネル近くの高架橋や琵琶湖も見えました。細い道を下りると、花折峠の登山口に着きました。花折峠を通るのは、実は32年ぶりです。32年前、高校2年のとき、50ccのバイクに乗って、伏見の家から国道367号線を通って、安曇川まで行きました。その頃、花折トンネルは、まだ工事中で、50ccのバイクで喘ぎながら、未舗装の花折峠を登っていったのを懐かしく思い出しながら、平まで下りました。

== 参考タイム ==

平-(0:25)->寺谷出合-(0:30)->皆子山分岐-(0:20)->京都修道院村-(0:40)->百井のナッチョ登山口-(0:50)->

ナッチョ-(0:35) ->三谷峠-(0:35)->812m峰-(0:45)->花折峠-(0:20)->平

 

[ END ]  2004.5.23 UP

 

このページの先頭へ

前のページ(ナッチョ・天ヶ岳)へ

次のページ(蛇谷ヶ峰)へ

最初のページへ

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー