長寿寺 山口→阿星山   2004.1.24

 

今年初めての山歩きは、数日前の大寒波を考慮して、手軽な低山---阿星山(標高693m)に行きました。阿星山は、琵琶湖の南にあり、通勤電車の車窓からもよく見えます。

少し遅い目の10時に自宅を出発しました。ところが、うっかり道路地図や山のガイドブックを部屋に忘れてきました。出発してすぐに気づいたのですが、さっきまでよく地図を見て頭の中に入っているので、取りに戻らず、そのまま登山口の長寿寺に向かいました。

国宝「長寿寺」。長寿寺の前には「阿星山」への標識が見あたりません。

しばらくウロウロ道を探してから、車で「紫雲の滝」方面に向かいました。

長寿寺前から舗装された林道を3kmで、このような車10台位の駐車スペースがあります。

登山口への道標があります。

ここから登り道が始まります。

コースの90%以上が、このような階段です。

琵琶湖と比良山が見えてきます。

鈴鹿の山も少し見えました。

展望台へ向かいます。

登山道から5分弱で、屋根のある展望台に着きます。展望台からの眺めは、少し木がじゃまですが、琵琶湖と比叡山〜比良山、三上山などがよく見えます。

少し雪の積もった階段を阿星山に向かいます。

阿星山山頂。眺望はありません。

雪がうっすら積もっています。

山頂の巨大な通信設備

頂上と展望台の間には、常楽寺の方に下りる道がありましたが、駐車場まで戻るのが大変なので、もと来た道を戻りました。家に帰ってよく地図を見ると、常楽寺まで下りなくても、途中の道から駐車場に戻れそうです。

天気の良い土曜日にもかかわらず、誰にも会いませんでした。ゆっくり写真を撮りながらでも、登り50分、下り30分。ちょっと物足りないですが、今年最初の山登りができて満足です。

まっすぐ家に帰るには少し早いので、琵琶湖大橋の東側で寄り道して、琵琶湖の湖岸から比良山や津田山の写真を撮って帰りました。

菜の花と比良山

沖島と津田山

 

[ END ]  2004.1.25 UP

 

このページの先頭へ

前のページ(シャカ岳)へ

次のページ(武奈ヶ岳)へ

最初のページへ

 

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー